カードローン 返済

いくつかの種類があります。

カードローン返済時に適用される、リボルビング方式なんですが、リボルビング方式の中でもいくつかの種類があります。その違いについて紹介しますね。

 

●残高スライド元利均等返済方式

 

●元利定率リボルビング方式

 

●元金定率リボルビング方式

 

同じリボルビング方式でも、各金融機関によって細かい違いがあります。

 

残高スライド元利均等返済方式とは?

残高スライド元利均等返済方式は、残高によって月々の支払額が自動的に変動してく返済方式となっています。

 

例えば、30万円〜50万円なら月々1万円の支払い、10万円〜30万円なら月々5,000円と、借入残高が少なくなるにつれて月々の返済額も少なくなっていきます。

 

カードローンの場合、こちらの残高スライド元利均等返済方式となっている場所が多いと思います。

 

元利定率リボルビング方式とは?

元利定率リボルビング払いは、毎月の支払い金額を固定する返済方式となっています。
借入残高に対する利息の変動に応じて,返済額に対する元金の充当割合が変わってきます。

 

メリットは、毎月の返済額が定額なので返済計画が立てやすくなっているといった点だと思います。

 

デメリットは、、利息は残っている元金にかかるので、最初の頃は返済額に占める利息の割合が大きく、元金均等返済方式に比べて元金が減るスピードが遅くなり、結果として返済総額が多くなってしまう可能性があります。

 

元金定率リボルビング方式とは?

借入額を支払い回数で均等に割った金額と、借入残高に対する利息の合計額を支払う方式の事を言います。
元金充当額は毎月一定で,利息の変動により毎月の支払い額が変動します。

 

メリットは、元金の減少が早いため,支払をしていくうちに毎月の返済額が少なくなり,金利の総支払い額も少なくて済むという点となっています。

 

デメリットは、元金が多い最初の頃は返済額が大きくなってしまうので、最初の頃は返済の負担が大きくかかってしまうかもしれません。

 

各金融機関によって、返済方法に違いがあるかもしれませんが、どの返済方式にしても一番のポイントはやはり金利面だと思います。お金を借りる日数が長ければ長いほど、利息の額も増えていき元金がなかなか減らない…といった事になります。

 

やはり一番は、1日でも早く返済する事が大事です。早く返済できれば出来るほど、利息の支払いも少なく済むので、毎月指定された額だけを返済するのではなく、繰り上げ返済などで多めに返済していく事を勧めます。