カードローン 返済

返済プランを立てる

カードローンでお金を借りた時の返済方法について調べてみました('ω')ノ

 

お金を借りた時に最も気を付けなければならない事は、返済を滞納せずにしっかりと返していく事です。なので、返済方法をしっかりと理解したうえでカードローン利用をするために、借りる前にしっかりと把握しておく必要がありますよ。

 

万が一返済が出来なかった場合は、延滞金が発生してしまい勿体無い思いをしてしまう事もありますし、そのままズルズル返済出来ずにいたら日に日に借入額が増えていってしまいます。

 

気付いた時にはどうしようも出来なくなってしまう・・・なんて事もあり得るので、そうならないように気を付けましょう。

 

また、最悪の場合ブラックリストに掲載されてしまい、今後カードローンの利用はもちろん、住宅ローンや自動車ローンなど他のローン利用も出来なくなってしまう事があるので、くれぐれもそうならないように借りる前に返済プランをしっかりと立てておくようにしましょう。

 

リボルビング方式

カードローン返済のメインとなっているのが、「残高スライドリボルビング払い」といった返済方法です。ほとんどのカードローン会社がこのリボルビング方式を利用していると思います。

 

「リボ払い」「リボ」なんて名称を聞いた事あると思うんですが、このリボルビング払いの事をさしています。

 

クレジットカードの支払なんかでもリボ払いが利用できるようになっていますよね。一時期CMなんかでも「支払はリボ払いで!」なんてクレジットカード会社のCMが流れていたはずです。

 

肝心の返済方法なんですが、リボルビング払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済していくようになっています。クレジットカードなどでよくある回数指定の返済方法ではなく、残金に合わせて毎月の支払額が変わっていきます。

 

月々の支払額が最小限に抑える事が出来るので、返済を滞納する事なく負担少なく利用できるといった点がポイントだと思います。

 

ただし、完済までに時間がかかってしまうといった点が大きな問題点となっています。月々最小限の支払いとなっているので、完済までの支払い回数も必然的に増えていきます。その間も当然利息分は発生していくので、なかなか元金が減らないといった状況に陥る場合も考えられるんです。

 

例えば、10万円借りて月々2000円返済していたとします。10ヶ月続けたら2万円は返済した事になるんですが、借りた10万円の元金が全然減っていない…、なんて場合もあり得ます。

 

お金に余裕がない時は、リボルビング払いが便利だとは思うんですが、ずっと最小限の支払いだけをしていたら完済するまでに時間がかかり、利息を多めに支払わなければなりません。

 

やはり、出来るだけ利息の支払いは少ない方がいいと思うので、カードローンを利用する時は月々のリボ払い分を支払うのでなく、少しでも多めに返済していくようにするといいでしょう。

 

リボ払いの分だけ支払っとけばいいか…って思いがちなんですが、後々の事を考えると損をしてしまうので、余裕のある月は多めに返済していきましょう。

 

学生・主婦でも利用可能

カードローンは、各金融機関にもよるんですが、主婦・学生の方でも利用可能となっているところがあります。

 

返済はリボルビング方式となっているので、月々の負担少なく利用できるので、主婦や学生の方も利用しやすくなっていますよね。

 

特にアルバイト等をされている学生さんにはお勧めです。

 

もちろん、上記で紹介しているように、利用する際はしっかりと計画性を持っておかないとダメですけどね。

 

学生や主婦の方でも利用可能なカードローンを特集しているサイト≪借入≫を見つけたので、こちらを参考にしてみて下さい('ω')ノ

 

なんども言いますが、利用する際は計画的に!借りすぎにはくれぐれも注意しないといけないですよ!